自治体職員をかたる還付金等詐欺が急増しています!


最近、市役所等の自治体職員を名乗り、医療費や社会保険料等の還付金手続きを口実に、ATMへ誘導する手口での詐欺が急増しています。

 このような詐欺行為を「還付金等詐欺」と言います。

 市役所等職員が、還付金等の受け取りのためにATMでの操作手続きを行うよう連絡することは、絶対にありません!
 還付金等について、不審な電話があった場合は、最寄りの警察署や市役所の消費生活相談窓口、西三河消費生活相談室窓口へ相談してください。

 

 

 

  • 西尾警察署
    〒445-0073 西尾市寄住町下田14  電話:0563-57-0110

     
  • 西尾市役所 消費生活相談窓口(1階)
    相談日:毎週月曜日・木曜日  午前9時から正午/午後1時から午後4時
    ※予約制、商工観光課(電話:0563-65-2168)にて予約受付
    〒445-8501 西尾市寄住町下田22  電話:0563-65-2168(直通)


 

  • 西三河消費生活相談室 消費生活相談
    相談日:毎週月曜日~金曜日 午前9時から午後4時30分
    〒444-8551 岡崎市明大寺本町1-4 西三河総合庁舎1階  電話:0564-27-0999(専用ダイヤル)


還付金等詐欺の主な事例

  • 「1時間以内に手続きが必要」と急がされた
  • 「医療費を還付する」とATMに誘導され、振り込んでしまった
  • スーパーのATMに携帯電話を持って行くよう、誘導された


還付金等詐欺の主な特徴と問題点

  • 全国各地で発生しているが、ある時期に特定の市役所名に集中する場合が多い
  • 冷静に考える余裕を与えない
  • 金融機関以外のATMコーナーへの誘導


 ※「手続きは、本日中に」と言うなど、短時間のうちに、スーパーやコンビニエンスストア等、金融機関以外の目立たないATMコーナーで操作を行うよう誘導する手口が目立ちます。ご注意ください。