自動車運転免許取得費の補助

身体に障害のある方が自動車教習所で技能を習得し、普通自動車運転免許を取得した場合に必要な経費の一部を支給します。

免許取得後6か月以内に申請してください。

対象者

身体障害者

支給額

免許取得に要した経費の3分の2以内(支給限度額10万円)

必要なもの

  1. 身体障害者手帳 
  2. 運転免許証
  3. 自動車教習所に支払った額と明細の明らかになる書類

問合せ・申請先

市役所福祉課障害者福祉担当 

 

身体障害者用自動車改造費の補助

身体に障害のある方が、就労等にともない自ら所有し運転する自動車のハンドル、ブレーキ、アクセル等を改造する必要がある場合に、その費用の一部を補助します。ただし、所得制限があります。

事前での申請が必要で、すでに改造が完了している自動車に関しては、補助の対象となりませんのでご注意ください。

対象者

身体障害者(運転免許証に免許の条件が記載されている方)

支給額

改造に要した経費(支給限度額10万円)

必要なもの

  1. 身体障害者手帳 
  2. 業者の見積書及び改造部品等のカタログ
  3. 運転免許証(免許の条件等の欄に当該改造内容の記載があること)

問合せ・申請先

市役所福祉課障害者福祉担当

 

有料道路通行料金の割引

通勤・通学・通院等の日常生活において、身体障害者が自ら自動車を運転して有料道路を利用する場合、または第1種身体障害者もしくは第1種知的障害者が乗車し、その移動のために介護者が自動車を運転して有料道路を利用する場合に、通行料金が割引されます。

割引を受けるには、事前に市役所福祉課または支所住民担当(福祉)で登録をし、障害者手帳に押印を受ける必要があります。

適用道路

各高速道路会社、名古屋市道路公社等の管理する有料道路

対象者

身体障害者、第1種知的障害者

運転者

身体障害者、第1種(身体・知的)障害者を介護する人

割引率

通常料金の半額

必要なもの(ETCを利用しない場合)

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 車検証
  3. 運転免許証(障害者本人が運転する場合)

必要なもの(ETCを利用する場合)

  • ETCレーンでの割引適用までは2週間ほどかかります)
  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 車検証
  3. 運転免許証(障害者本人が運転する場合)
  4. ETCカード(障害者本人名義のもの)
  5. ETC車載器セットアップ申込書・証明書

問合せ先

各高速道路会社・市役所福祉課障害者福祉担当

申請先

市役所福祉課障害者福祉担当

 

駐車禁止除外指定車標章の交付

警察署に申請し公安委員会から標章の交付を受けた方は、駐車禁止および時間制限駐車区間の規制から除外されて駐車することができます。

対象者 

  • 身体障害者
    • 聴覚・平衡機能・体幹・じん臓・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓障害…1級から3級
    • 視覚・下肢・心臓・呼吸器・免疫障害…1級から4級
    • 上肢障害…1級、2級の一部
    • 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害
      上肢機能…1、2級(障害が一上肢のみの場合は除く)
      移動機能…1級から4級
  • 知的障害者
    A判定

  • 精神障害者
    1級

必要なもの

  1. 障害者手帳(原本)及びその写し
  2. 運転免許証(障害者本人が運転する場合)
  3. 印鑑(障害者本人が申請する場合は省略できます)
  4. 障害者の代理人(親族)が申請する場合は、障害者との関係を証明する書類等
  5. 指定医の「意見書」「診断書」等
    (視覚障害4級の2、運動機能《移動》3級・4級、心臓、呼吸器、免疫4級で新規申請の方、その他指定医が歩行困難であるため日常生活活動が著しく制限されると認めた方) 

問合せ・申請先

西尾警察署交通課

電話0563-57-0110