2012年7月9日に外国人登録法が廃止され、外国人も日本人と同様に住民基本台帳法の適用対象となり、住民票が作成されるようになります。 
住民票の作成対象者には、2012年5月より仮住民票記載事項通知を順次送付します。
 

外国人も住民票が作成されます

外国人も、日本人と同様に住民票の写しが発行できるようになります。
また、日本人と外国人の混合世帯でも世帯全員が記載された住民票の写し等が発行できるようになります。
なお、2012年7月9日以降は、「外国人登録原票記載事項証明書」及び「外国人登録原票の写し」は交付できなくなります。
詳しくは「外国人登録原票記載事項証明書」がとれなくなりますをごらんください。

住民票が作成される外国人は下記1から4までに該当する方です
  1. 特別永住者
  2. 中長期在留者(※注1)
  3. 一時庇護許可者または仮滞在許可者
  4. 出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者 (※注2)

上記1から4以外の方には住民票は作成されず、住民票の写しや印鑑登録証明書が交付されないなど、各種行政サービスが受けられなくなることがありますのでご注意ください。
詳しくは住民票が作成されない方をご覧ください。

※注1 中長期在留者とは、在留資格が「短期滞在、外交、公用、特別永住者」以外の方で、在留期間が3月を越える方です。
※注2 経過滞在者とは、出生や日本国籍を喪失された場合に、出生の日や日本国籍を喪失した日から60日の間は在留資格がなくても適法に日本に在留することができる外国人のことをいいます。これらの方が60日を越えて日本に在留しようとする場合は、出生の日や日本国籍を喪失した日から30日以内に入国管理局において在留資格の取得を申請する必要があります。

 

 住民票が作成されるまでの流れ

  1. 外国人登録情報をもとに、2012年5月7日以降外国人の「仮住民票」を作成します。
  2. 作成された「仮住民票」の内容を確認していただくために、「仮住民票記載事項通知」を順次郵送で通知します。
  3. 通知の内容が実態と異なる場合は、西尾市役所市民課窓口で外国人登録の変更・訂正の申請等をしていただき、「仮住民票」を修正します。
  4. 2012年7月9日に「仮住民票」が「住民票」になります。

 

「外国人登録原票記載事項証明書」がとれなくなります

2012年7月9日以降、外国人登録原票は法務省にて保管されるため、今まで外国人登録原票に基づき交付していた「外国人登録原票記載事項証明書」及び「外国人登録原票の写し」は交付できなくなります。今後は、これらの証明書に代わり、「住民票の写し」を交付します。

なお、「住民票の写し」には、外国人登録原票に登録されていた過去の居住地や氏名等の履歴、上陸許可年月日などは記載されません。これらについての証明が必要な場合は、2012年7月6日までに西尾市役所市民課窓口で「外国人登録原票記載事項証明書」を取得してください。
2012年7月9日以降は、直接法務省に請求していただくこととなります。

 

 外国人登録証明書に替わり、「特別永住者証明書」または「在留カード」が交付されます

外国人登録法の廃止により、特別永住者の方には「特別永住者証明書」が、中長期在留者の方には「在留カード」が交付されます。
2012年7月9日時点でお持ちの「外国人登録証明書」は、しばらくの間は「特別永住者証明書」または「在留カード」とみなされ、有効にお持ちいただけますので、直ちに「特別永住者証明書」または「在留カード」に替えていただく必要はありません。
2012年7月9日以降、下記の区分に従い有効期限内に切り替えてください。

特別永住者の方

申請場所は西尾市役所市民課及び各支所生活課になります。

区分 有効期限
16歳以上

『外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間の初日(誕生日)』または『2015年7月8日』のいずれか遅い日まで

16歳未満 『16歳の誕生日』まで

 

中長期在留者の方

申請場所は入国管理局になります。

区分 有効期限
16歳以上 永住者 『2015年7月8日』まで
永住者以外

『2015年7月8日』または

『在留期間の満了の日』のいずれか早い日まで

16歳未満 永住者

『2015年7月8日』または

『16歳の誕生日』のいずれか早い日まで

永住者以外

『2015年7月8日』、『在留期間の満了の日』、

『16歳の誕生日』のいずれか早い日まで

 

漢字圏の外国人の氏名表記について

特別永住者証明書及び在留カードの氏名表記はアルファベット表記が原則となりますが、氏名の漢字併記を希望することもできます。この場合は、簡体字等(中国簡体字、台湾繁体字等で日本の正字でないもの)については、一定のルールに従って日本の正字に置換され表記されます。
詳しくは「特別永住者証明書及び在留カードの氏名表記について」(外部サイト)をご覧ください。

また、住民票の氏名表記についても上記の特別永住者証明書及び在留カードのルールに合わせ表記されることとなります。
このため、お手持ちの旅券や外国人登録証明書の氏名と特別永住者証明書及び在留カードや住民票の氏名漢字が異なる場合があります。

例:外国人登録証明書の氏名表記「▲ 玉▲」 ⇒ 特別永住者証明書及び在留カード、住民票の氏名表記「● 玉●」

▲:日本の正字以外の漢字
●:日本の正字に置換された漢字

 

住所の変更手続が大きく変わります

2012年7月9日以降、住所の変更手続を行う際は下記のとおり届出が必要となります。

他の市町村へ引っ越す時

 

西尾市から他の市区町村へ引っ越す時は、事前に西尾市役所で転出の届出をする必要があります。
届出の際に、転出証明書をお渡ししますので、転出先の市区町村での届出の際に必ず提出してください。

 

西尾市へ転入の届出をする時

西尾市へ転入の届出をする時は、「在留カード等(※3)」と「転出証明書(※4)」の両方が必要となります。

なお、住所の変更手続を行う際は、「在留カード等(※注3)」の裏面に新しい住所を記載しますので、住所を変更される方全員の「在留カード等(※注3)」をお持ちください。

※注3 「在留カード」、「特別永住者証明書」及び「有効期限内の外国人登録証明書」をいいます。

※注4 転出証明書は、引っ越し前の市区町村で転出の届出をした際に交付されます。

 

住民票が作成されない方

現在の外国人登録法では、在留資格に関係なく外国人登録ができましたが、新たな制度では、住民登録のできる方が限られています。

次のAからDまでのいずれかに該当する外国人は住民登録されず、住民票が作成されません。

  1. 在留資格が「短期滞在」の方
  2. 在留期間が3月以下の方
  3. 在留期限が過ぎている方
  4. 在留資格のない方

住民票が作成されない方は、住民票の写しや印鑑登録証明書が交付されないなど、各種行政サービスが受けられなくなることがありますのでご注意ください。

住民登録をするためには、入国管理局で在留資格の取得や在留期間の更新の許可を受ける必要があります。
 

在留資格の手続を忘れている方は、早急に入国管理局で手続を行ってください。
また、入国管理局での手続が完了している方であっても、市役所へ変更登録手続をされていないと、住民票が作成されなくなってしまいます。
手続は必ず、入国管理局および市役所の両方へ2012年7月6日までにしていただくようお願いします。
 

 

制度改正に関するリーフレット

 

関連リンク(外部サイト)