在外選挙制度

 

 外国にお住まいの日本人に国政選挙に参加していただくための制度です。
 ただし、あらかじめご本人が申請を行い、在外選挙人名簿に登録されていなければなりません。       

 

在外選挙人名簿の登録

  1. 登録資格
     日本国籍をもつ満20歳以上の人で、同一の領事官(日本国大使又は総領事)が管轄する区域内に引き続き3か月以上お住まいの人(ただし、公民権を停止されていない人) 。
  2. 申請の方法
     申請者本人が、旅券とその地域に引き続き3か月以上住んでいることを証明する書類を持参のうえ、管轄の在外公館(大使館又は総領事館)へお越しください。
  3. 申請先
     原則として日本国内の最終住所地の市区町村選挙管理委員会です。ただし平成6年4月30日以前に日本から国外に転出した人や、国外で生まれて日本で暮らしたことの無い人は、本籍地の市区町村選挙管理委員会となります。
  4. 在外選挙人証
     在外選挙人名簿に登録されると、登録した市区町村の選挙管理委員会から在外選挙人証が交付されますので、選挙の際にはこれを提示して投票を行います。

対象となる選挙

 衆議院議員及び参議院議員の選挙です。

投票の方法

 次の3つの方法があります。

  1. 在外公館投票
     在外選挙人証と旅券を持参し、在外公館で投票する方法です。
  2. 郵便投票
       お住まいの地域が在外公館から遠く離れている場合や、治安の問題がある場合、また選挙人の数が多いなどの事情により在外公館での投票が困難な場合は、郵便による投票となります。
       在外選挙人名簿に登録されている市区町村選挙管理委員会へ、在外選挙人証を同封のうえ郵便で投票用紙を請求します。在外選挙人証記載の住所に投票用紙の送付を受けたら、投票用紙に自ら記載し、外封筒に署名したうえで、選挙管理委員会へ返送します。郵送にかかる日数を十分見込んで、早めに手続きをしてください。
  3. 日本国内における投票
       選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票できます。