桜町地区航空写真

 

  • 地区概要
    当地区は、昭和初期から綿織物工場等の進出もあって、逐年人口増加の傾向にあった。 そして昭和26年より都市計画街路花ノ木通線(現在の県道豊田一色線)が起業され、無秩序、無計画な市街地に発展することが予想されたので、西尾市は当地区に土地区画整理事業の必要性を痛感し、昭和30年4月西尾市議会において事業並びに区域決定の議決を求め、土地区画整理法第3条第3項により西尾市施行としました。

 

  • 事業概要
    事業名:西尾幡豆都市計画事業桜町土地区画整理事業
    事業主体:西尾市
    施行面積:310,199.68平方メートル
    施行年度:昭和31年度から42年度
    合算減歩率:23.69%
    総事業費:88,170,000円

 

  • 写真
    緑町公園緑町公園

    都市計画道路都市計画道路西尾安城線