「住民基本台帳カード」から「個人番号カード」へ変わります 

住民票の写しの広域交付

転入転出手続の特例(付記転出・付記転入) 

 「住民基本台帳カード」から「個人番号カード」へ変わります

 マイナンバー制度の導入に伴い、住民基本台帳カードの発行は平成27年12月22日をもって終了となりましたただし、すでに発行された住民基本台帳カードは、原則として発行日から10年は引き続き有効です。平成28年1月以降は住民基本台帳カードの発行は行わず「個人番号カード」の発行へ変わります。

 個人番号(マイナンバー)の通知について

 

 住民基本台帳カードに「電子証明書」を格納している方はこちらをご覧ください。

 公的個人認証サービスご利用の皆様へのお知らせ

 

住民票の写しの広域交付

 全国の住基ネットに参加している市町村窓口で、申請者本人または同一世帯に属する方の住民票の写しの請求ができます。これは、全国統一の様式(広域交付住民票)になります。本籍の表示等はありません。 申請者の確認書類として、住民基本台帳カードまたは官公署の発行した顔写真付の身分証明書(運転免許証など)が必要です。交付手数料は、交付する市町村ごとの条例によります。西尾市で交付する場合、1通200円となります。
  広域交付住民票申請書[19KB pdfファイル]   

転入転出手続の特例

 住民基本台帳カードの交付を受けている方が、事前に住所地へ郵送により転出届を行うことにより、転出証明書の交付を受けずに新住所地において転入届を行なうことができます。 なお、国民健康保険、小・中学校の手続等別途転出地市町村窓口で行っていただく必要がある場合があります。  

特例の転出届

便箋等に「特例の転出届」と明記の上、次の事項を記載して郵送にて市民課へ送ってください。市民課または支所の窓口に直接来庁いただき、手続きしていただくこともできます。(窓口で直接手続きをされる場合は、届出用紙を窓口に用意してありますので事前に書いてきていただく必要はありません)

  1. 届出人氏名(転出する方で、住民基本台帳カードを所有している方に限ります)
  2. 届出年月日
  3. 転出予定年月日
  4. 転出先住所
  5. 転出前の住所
  6. 転出する方全員の氏名、生年月日、性別
  7. 連絡先電話番号(自宅、勤務先、携帯等日中連絡がとれる電話番号)
届出の期間  転出予定日の前後14日以内に市役所に届くようにお願いします。
届出をすることができる人  転出する方の中で、有効な住民基本台帳カードをお持ちの方で、転出する本人または同一世帯の親族の方
届出の方法  郵送または窓口にて届出 郵送の場合の送付先 郵便番号445-8501 西尾市寄住町下田22番地 西尾市役所市民課宛
その他  特例の転入届とセットになりますので、通常の転出届をした方は、特例の転入届を行うことはできません。また、その逆もできません。
特例の転入届

特例の転出届を行なった方が行なう転入届です。市民課または支所窓口において、転入届を提出する際に特例の転出を行なった旨を届出書に記載していただくことになります。注意事項は以下のとおりです。

届出の期間 転入の日から14日以内であり、かつ転出予定日から60日以内であること
届出をすることができる場合
  1. 転出市町村への特例の転出届が受理済みであること
  2. 有効な住民基本台帳カードを持っている方を含む転入届出であること
届出の方法 市民課または支所窓口へ提出(郵送等では受理できません) また、住民基本台帳カードも持参する必要があります。
その他 届出の際に、住民基本台帳カードのパスワード(数字4桁)を入力していただく必要があります。
住民基本台帳カードの継続利用 転入届の後、住民基本台帳カードを西尾市でも継続して利用する場合、継続処理を行う必要があります。ただし、以下の場合には継続利用の対象外となりますのでご注意ください。 1.転入届出時に住基カードの有効期限が満了している。 2.転入届出日が、転出予定日から30日経過している。