本人が来庁できず、代理人が登録をする場合(本人以外は家族の方でも代理人です)の方法は1つだけです。 

 

代理人方式

本人がやむを得ず来庁できない場合は、代理人が市役所に備えてある印鑑登録申請書と代理権授与通知書をお持ち帰りいただき、本人に記入していただきます。

下の様式をダウンロードしてもらっても結構です。

注意:代理で印鑑登録する場合は、合計2回窓口に来ていただかなければいけません。また郵送等の日数もかかり1週間くらいの期間が必要となります。 

 

1回目

だれが

代理人

 

必要なもの

注意:申請書も代理権授与通知書も必ず登録する本人が書いてください。

 

注意事項

1回目のときには、証明書は発行できません。 

 

2回目

いつ

回答書が届いたら。

注意:回答書は、配達記録郵便で送りますので、書留と同じように郵便局の方が手渡しします。

 

どこで

1回目に申請された同じ市役所、各支所にて申請してください。

 

だれが

代理人

 

必要なもの
  • 記入押印済みの回答書および代理権授与通知書
    (同じ用紙の上段と下段にわかれています)
    注意:回答書も代理権授与通知書も必ず登録する本人が書いてください。
  • 登録する印鑑
  • 代理人の認印
  • 印鑑登録する方の「健康保険証」、「介護保険証」、「年金手帳」など
    上記のような書類を提示していただくことになりますので代理人の方が印鑑登録申請される場合につきましては、市民課窓口担当(内線1107)へ一度ご相談ください。
  • 代理人の本人確認ができるもの

 

注意事項

証明書は、この日に発行できます。