介護保険料について

65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料

 65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料(基準額)はそれぞれの市町村が3年ごとに決めます。 

平成27年度から平成29年度の保険料額

 保険料は、前年中の所得等に応じて、個人ごとに決められます。西尾市における保険料(基準額)については、次の表のとおりです。

所得段階

区分

計算式

27年度から

29年度の

年間保険料

(12か月分)

第1段階

生活保護を受給している人

世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金受給者

世帯全員が市民税非課税で、公的年金収入金額と合計所得金額の合計が80万円以下の人

57,600円×0.45

25,920円

第2段階

世帯全員が市民税非課税で、公的年金等収入金額と合計所得金額の合計が80万円を超え120万円以下の人

57,600円×0.70

40,320円

第3段階

世帯全員が市民税非課税で、公的年金等収入金額と合計所得金額の合計が120万円を超える人

57,600円×0.75

43,200円

第4段階

世帯の中に市民税課税の人がいるが、本人は市民税非課税で、公的年金等収入金額と合計所得金額の合計が80万円以下の人

57,600円×0.90

51,840円

第5段階

世帯の中に市民税課税の人がいるが、本人は市民税非課税で、公的年金等収入金額と合計所得金額の合計が80万円を超える人

57,600円×1.00

(基準額)

57,600円

第6段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円未満の人

57,600円×1.15

66,240円

第7段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円以上190万円未満の人

57,600円×1.25

72,000円

第8段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が190万円以上290万円未満の人

57,600円×1.50

86,400円

第9段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が290万円以上350万円未満の人

57,600円×1.60

92,160円

第10段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が350万円以上500万円未満の人

57,600円×1.70

97,920円

第11段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が500万円以上800万円未満の人

57,600円×1.80

103,680円

第12段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が800万円以上1,000万円未満の人

57,600円×1.90

109,440円

第13段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が1,000万円以上の人

57,600円×2.00

 115,200円

  • 公的年金等収入金額とは、老齢・退職年金など課税対象となる年金などの収入金額をいい、遺族・障害年金などの非課税年金は含まれません。
  • 合計所得金額とは、一般的に各種所得の合計金額です。ただし、譲渡所得については、特別控除前の金額をいいます。  
保険料の納め方

 65歳以上のかたの納付方法は、特別徴収と普通徴収の二通りがあります。納付方法は、受給している年金の種類や額などによって決まります。 

特別徴収(年金から保険料が天引きされます)
  • 対象となるかた
    毎年4月1日現在、西尾市に在住しており、年間受給額が18万円(月額1万5千円)以上の対象となる年金の支払いを受けている65歳以上のかた  
  • 対象となる年金
    老齢年金、退職年金、障害年金、遺族年金
  • 対象とならない年金
    恩給、寡婦年金、老齢福祉年金など

次のかたは、年間18万円以上の対象となる年金の支払いを受けていても、特別徴収の対象にはなりません。

  • 65歳に到達したかたや、他の市町村から転入してきたかたで、6から8か月経過していないとき
  • 所得段階の区分が変更になったとき
  • 年金の現況届けの提出が必要なかたで、提出が遅れたとき
  • 年金を担保に借り入れしたとき

 4、6、8月は前年度2月分と同じ保険料額を納めます(仮徴収)。10、12、2月は、前年の所得などをもとに算出された保険料から、仮徴収分を除いた額を振り分けて納めます(本徴収)。 

普通徴収(納付書等で個別に市に納めます)

 特別徴収以外のかたは、納付書または口座振替により納付します。第1期(7月)から第8期(翌年2月)までの8回の納期で納めます。

 口座振替納付にご協力を

 納付書にて直接保険料を市に納めていただくかた(普通徴収のかた)は、保険料の口座振替をしていただくことにより、保険料が自動的に振替納付されますので、納め忘れがなく安心です。

申し込み方法

  • 預金通帳と通帳届出印をご持参のうえ、西尾市内に本、支店のある金融機関及び郵便局または市役所(支所)で手続きしてください。
  • 口座振替依頼書は金融機関の窓口、市役所(支所)においてあります。
  • 口座振替が開始されるのは、申し込みされた月の翌々月からです。  
保険料を納めないでいると
1年間滞納した場合

 介護サービス費用がいったん全額利用者負担になります。

1年6か月間滞納した場合

 一時的に保険給付が差し止められます。なお滞納が続く場合には差し止められた保険給付額から滞納分を控除することがあります。

2年以上滞納した場合

 2年以上滞納すると、時効により保険料を納付できなくなります。この保険料未納期間に応じて利用者負担が3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなったりします。 

保険料の減免制度

 生活困窮者のうち収入が一定金額以下で、資産を活用してもなお生活が困窮している状態のかたは、減免が認められる場合があります。

 天災や災害に遭われたことなどにより、保険料の納付が困難となった場合には、徴収猶予や減免が受けられる場合があります。  

介護保険料の納付済額のお知らせ

 介護保険料の納付済額のお知らせは、市から毎年1月下旬に郵送でお知らせします。

 なお、年金から介護保険料が天引きされているかたの納付済額は、年金支払者から郵送される「公的年金等の源泉徴収票」でご確認ください。

40歳から64歳のかた(第2号被保険者)の保険料

 40歳から64歳のかた(第2号被保険者)は加入している医療保険者に医療保険料と一緒に納めます。

国民健康保険に加入しているかたの場合

 国民健康保険税のなかに介護分として含まれて納付します。

 ご不明な点などございましたら、市役所保険年金課におたずねください。

職場の健康保険に加入しているかたの場合

 健康保険組合など医療保険者ごとに、算出した計算方法で保険料を決定しています。

 ご不明な点などございましたら、健康保険証に記載された健康保険組合におたずねください。

 

問合先 長寿課 保険料担当 内線1502、1503