災害見舞金の支給について

 災害(地震、風水害等の自然災害及び火災)により被害を受けた市民の方に対し、条例に基づき災害見舞金を支給します。

 

台風21号により住宅の被害に遭われた方へ

平成30年9月4日から5日にかけて市内に被害をもたらした台風21号により、自己の用に供する住宅が床上浸水等に遭われた方は、災害見舞金の対象となる可能性があります。


床上浸水の場合の見舞金額

  • 普通世帯 10,000円
  • 準世帯 6,000円(準世帯とは、学校、工場等の寄宿舎、寮、合宿所等に居住する方をいいます。)

見舞金の支給については、住宅が被害にあった場合に限ります。(店舗、工場等の被害については支給されません。)


申請方法

  1. 台風による住宅の被害を証明する「り災証明書」の申請
    台風21号により住宅が被害を受けた「り災証明書」を税務課家屋・償却担当に申請してください。発行は後日郵送となります。
  2. 被災届の提出
    り災証明書に同封されている、福祉課へ提出する被災届を、り災証明書の写しとともに提出してください。

 

その他

申請時に、西尾市社会福祉協議会及び西尾市善意銀行からの見舞金も同時に申請できます。

見舞金は、原則、後日に現金でお渡しいたします。

 

 

災害見舞金支給額

被害の種類および程度、見舞金額

  • 死亡または死亡したと推定されるとき 100,000円
  • 入院加療
    • 1週間以上 15,000円
    • 1か月以上 25,000円
    • 3か月以上 30,000円
  • 全焼
    • 準世帯 15,000円
    • 1人世帯 30,000円
    • 2から4人世帯 45,000円
    • 5人以上世帯 60,000円
  • 半焼
    • 準世帯 10,000円
    • 1人世帯 20,000円
    • 2から4人世帯 30,000円
    • 5人以上世帯 40,000円
  • 床上浸水
    • 準世帯 6,000円
    • 普通世帯 10,000円

※準世帯とは、学校、工場等の寄宿舎、寮、合宿所等に居住する方をいいます。
※普通世帯とは、準世帯以外の世帯をいいます。

 全焼、半焼、床上浸水等の被災者への見舞金の支給については、住宅が被害にあった場合に限ります。従って、店舗、工場等の被害については支給されません。

 

災害見舞金を受け取るには

 被災された方は、福祉課に「被災届」を提出してください。用紙は福祉課にあります。床上浸水の場合は、住宅の被害を証明する書類(り災証明書など)が必要になります。