高齢受給者証について

 70歳以上75歳未満の国民健康保険に加入している方に、国民健康保険高齢受給者証(以下「高齢受給者証」といいます。)を交付します。

 医療機関等で診療を受けるときは、国民健康保険被保険者証とともに高齢受給者証をその窓口で提示してください。

適用になる方

 次の条件のすべてに該当する方が対象となります。

  • 国民健康保険に加入している方
  • 70歳以上75歳未満の方

適用となる時期

 70歳になる誕生月の翌月(誕生日が1日の方は当月)の1日から適用になります。

 高齢受給者証は、70歳になる誕生月(誕生日が1日の方は前月)の下旬に、ご自宅へ郵送します。

自己負担割合

 自己負担割合は、前年の所得に応じて下記のようになります。

70歳以上75歳未満の方の自己負担割合 高齢受給者証記載
現役並み所得者以外 昭和19年4月1日以前生まれの方 1割 2割(特例措置により1割)
昭和19年4月2日以降生まれの方 2割 2割
現役並み所得者(注) 3割 3割

(注)現役並み所得者とは、住民税の課税所得が145万円以上である70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる世帯に属する方をいいます。ただし、その該当者の収入合計が、2人以上で520万円、1人で383万円未満である世帯は、申請により2割または1割負担となります。

負担割合の変更について

 負担割合は世帯で決定するため、新たに適用になった方や転居等をされた方が同じ世帯にいる場合、あらためて負担割合を判定します。

 次に該当する世帯は、高齢受給者証適用者の負担割合について再判定します。

  • 70歳以上75歳未満の国保被保険者の所得が変更になったとき
  • 70歳以上75歳未満の国保被保険者の加入数に増減があったとき
  • 毎年8月の高齢受給者証更新のとき

高齢受給者証の期限

 高齢受給者証は、毎年8月が定期更新となりますので、7月31日までの有効期限となっています。7月下旬になりましたら、新しい高齢受給者証をご自宅に郵送します。

 国民健康保険被保険者証の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。