平成22年度版環境報告書について

概要
第1章
 大気汚染.pdf [479KB pdfファイル] 

 市域の環境の状況についてみますと、大気環境では、環境基準の定められている二酸
化硫黄、浮遊粒子状物質、二酸化窒素、ダイオキシン類については環境基準に適合して
いましたが、光化学オキシダントは不適合となっており、これまでの調査と比べて横ばい
傾向が続いています。

 

 水質汚濁・地盤沈下.pdf [154KB pdfファイル] 

 水質では、環境基準の定められている矢作川、矢作古川、鹿乗川、朝鮮川の4河川す
べてで生物化学的酸素要求量(BOD)では適合していました。また、市内を流れる二の沢
川では下水道の普及とともに水質の改善傾向が見られます。しかしながら、その他の中
小河川では依然として汚濁傾向が見られます。
 海域では化学的酸素要求量(COD)、全窒素、全燐の3項目とも基準に不適合となって
おり、依然として生活排水による水質汚濁がみられることを示しています。

 

 騒音・振動・悪臭・公害苦情.pdf [206KB pdfファイル] 

 道路交通騒音は6箇所全てにおいて、環境基準に適合していました。振動については、
環境基準は設定されておりませんが、測定地点5箇所において、要請限度を下回る結果
となりました。
 公害苦情では全部で65件あり、全体数は減ってきてはいますが依然として野焼きに対
する苦情が全体の半数を占めています。

 

 第2章.pdf [581KB pdfファイル] 

 環境基本計画の進捗状況では、計画策定時と比較すると、汚水処理人口は16%の増
加が見られたこと、太陽光発電の設置家庭が1年間で166件以上増え700件を越えたこと
などが報告されています。

 

 第3章.pdf [570KB pdfファイル] 

 環境基本計画の重点プロジェクトの取組結果につきましては、「まちの緑の保全プロジェ
クト」では名木選定委員会が引き続き名木候補の調査を実施したこと、「つながり発見、ひ
とづくりプロジェクト」では環境市民塾の活動及び平成21年度環境基本計画推進大会開
催について、「次の世代につなげる環境教育プロジェクト」では環境市民大学の取組など
を報告しています。

    

 第4・5・6章、参考資料.pdf [220KB pdfファイル] 

 第四章から六章及び参考資料については、上記ファイルよりまとめてダウンロードできます。

第4章

 西尾いきものふれあいの里での取り組みについて、自然観察会などの行事の取組状況
及び年間の来園者についてについてまとめています。
 行事については年間44回開催されのべ参加者は1,095名、来園者が16,745名と報告さ
れています。

第5章

 鳥獣関係について、有害鳥獣の捕獲許可の概要、飼養登録の申請はなかったことが報告されています。

第六章

 公害防止協定について、5事業所と新たに協定を締結し36事業所となったことが報告されています。

参考資料

 西尾市環境基本条例を添付しています。