平成26(2014)年度
  • 平成26(2014)年4月1日
    企画部企画政策課公共施設経営室は、機構改革により、財政課の管財部門を合体した総務部資産経営課(経営企画担当:事務職3人。技術職1人)に組織改称される
  • 平成26(2014)年4月21日
    平成26年度西尾市公共施設再配置実施計画における官民連携推進支援業務を五星株式会社(大阪市東成区)と委託契約。委託金額15,444,000円。業務内容は、官民連携手法に関する事前準備業務の支援など。契約期限は平成27年3月13日
  • 平成26(2014)年4月28日
    平成26年度第1回代表町内会長会議で実施計画及び市民説明会について説明
  • 平成26(2014)年5月1日
    広報にしお5月1日号で実施計画策定と市民説明会開催案内の記事を掲載
  • 平成26(2014)年5月12日
    半田市(企画政策課)職員2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年5月15日
    一色中部小校区代表町内会から「津波から住民の安全を確保するための早急な防災対策を求める陳情書」が西尾市議長に提出された。本要望書は平成26年6月定例市議会において趣旨採択された
  • 平成26(2014)年5月22日
    神戸市で開催された地域総合整備財団<ふるさと財団>主催「公民連携セミナー」で西尾市(資産経営課)職員が「西尾市が進める新たな官民連携手法による公共施設再配置」と題して講演
  • 平成26(2014)年6月1日
    (公財)全国市長会館が毎月、自治体の先進的な政策等を紹介する情報誌として刊行している『市政』6月号の特集「ファシリティマネジメントで公共施設の有効活用」に西尾市長の「新たなまちづくりの出発点としての公共施設再配置」と題する寄稿文が掲載された
  • 平成26(2014)年6月7日
    西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018・市民説明会を一色地区と吉良地区で開催した。進行役は西尾市公共施設再配置アドバイザーである恒川和久名古屋大学大学院工学研究科准教授。冒頭に実施計画を解説した映像「新たなまちづくりの出発点として進める公共施設再配置(外部サイトへリンク)」を放映して、市(資産経営課)職員がパワーポイントによる資料「新たなまちづくりの出発点として進める公共施設再配置 」で説明した。各会場の参加者内訳は次のとおり
    一色会場(一色健康センター1階ホール/9時30分から11時40分まで)では、市民270人、議員11人、職員49人の計330人が参加。一色会場での質疑応答(要旨)
    吉良会場(吉良町公民館2階講堂/14時00分から15時50分まで)では、市民95人、議員9人、職員46人の計150人が参加。吉良会場での質疑応答(要旨)
  • 平成26(2014)年6月10日
    西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018・市民説明会を幡豆地区で開催した。進行役は株式会社五星パブリックマネジメント研究所所長兼主任研究員である天米一志大阪大学CSCDまちみちコミュニケーション研究室招へい研究員。説明会の内容は一色会場と吉良会場と同じ
    幡豆会場(幡豆いきいきセンター2階つつじホ-ル/午後7時から8時50分)では、市民36人、議員8人、職員27人の計71人が参加。 幡豆会場での質疑応答(要旨)
  • 平成26(2014)年6月15日
    西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018・市民説明会を西尾地区で開催した。進行役及び説明会の内容は幡豆会場と同じ。
    西尾会場(西尾市役所5階51会議室/午前10時から正午)では、市民54人、議員11人、職員21人の計86人が参加。西尾会場での質疑応答(要旨)
      なお、市民説明会の4会場では参加者アンケートを実施。表面は参加者全員に説明会の感想について、裏面は西尾市在住者のみを対象にした公共施設の利用状況(名古屋大学FM研究会との官学連携による)についてのアンケート。アンケート用紙は次のとおり
    市民説明会アンケート用紙(A3・1枚両面)
    また、アンケート結果については次のとおり
    (1)アンケート(表面)結果の概要
    (2)アンケート(表面)結果の詳細
    (3)アンケート(裏面)結果の概要
    (4)アンケート(裏面)結果の詳細
  • 平成26(2014)年6月16日
    広報にしお6月16日号でにしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)参加者募集の記事を掲載
  • 平成26(2014)年6月18日  
    市議会企画総務部会で「西尾市公共施設再配置実施計画市民説明会の結果について」の議題で報告
  • 平成26(2014)年7月1日
    東京大学公共政策大学院と国土交通省の共催によるPRE/FM戦略の取組みを促進するための自治体職員対象の研修事業「人口減少・高齢社会の都市施設経営研修会(PRE/FM研修会)」のアドバイザーに西尾市(資産経営課)職員が平成28年3月31日までの任期で委嘱される
  • 平成26(2014)年7月8日
    香川県丸亀市議会(総務常任委員会)7人、随行職員4人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年7月13日
    第1回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。第1回は演出の視点でテーマは「市民が集う場所ってどんなとこ? 再配置プロジェクトがかなえる未来を創造しよう!」。ファシリテーターは演出家の花井裕一郎氏
  • 平成26(2014)年7月16日
    西尾市の若手職員及び女性職員を中心に参加を呼びかけた公共施設再配置勉強会を昼間と夜間の2回開催。資産経営課長を講師に1時間、市民説明会用の映像とパワーポイント資料で説明。市職員58人が参加
  • 平成26(2014)年7月18日
    岡山市で開催された(公財)岡山県市町村振興協会主催の第3回ファシリティマネジメント研究会で西尾市(資産経営課)職員2人が「公共施設白書作成から具体的な再配置プラン策定までの進め方(愛知県西尾市の場合) 」と題して講演。倉敷市をはじめとする岡山県内の14市町の職員19人が受講
  • 平成26(2014)年7月23日
    西尾市の若手職員及び女性職員を中心に参加を呼びかけた公共施設再配置勉強会を昼間と夜間の2回開催。市職員53人が参加
  • 平成26(2014)年8月1日
    西尾市が新たなまちづくりの出発点として官民連携手法で進める公共施設再配置プロジェクト(仮称)・西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018・実施方針公表のための事前方針を公表し、民間事業者との対話を開始
    ・広島県三原市(総務企画部政策企画課)職員2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年8月20日
    静岡県熱海市(経営企画部総務課)職員2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年8月21日
    市内の小学6年生66人が地域の3つの行政課題に提案を行う「にしおこども議会(主催:一般社団法人西尾青年会議所、後援:西尾市・西尾市教育委員会)の事前説明会と研修会が市役所(5階)51会議室で開催。第3委員会の小学生23人に対して「みんなが行きたくなる公共施設ってなあに」をテーマに西尾市(資産経営課)職員が説明
  • 平成26(2014)年8月24日
    第2回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。第2回は建築の視点でテーマは「SEEDLING(シードリング)で吉良地区と一色地区の未来の種(公共空間)を探そう 」。ファシリテーターは建築家の齊藤正氏で第3回との連続講座
  • 平成26(2014)年8月25日
    ・西尾市は公共施設の予防保全の実践について市職員に学んでもらおうと「塗装講習会」を三和小学校の塗装工事現場で開催。施設所管課職員ら約60人がコンクリート・鉄・木の塗装作業を体験
    ・公共FM(ファシリティマネジメント)セミナーin名古屋(主催:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)、後援:中部経済産業局)で西尾市(資産経営課)職員が「西尾市が進める新たな官民連携手法による公共施設再配置」と題して講演。自治体職員ら51人が受講
  • 平成26(2014)年8月29日
    「にしおこども議会(主催:一般社団法人西尾青年会議所、後援:西尾市・西尾市教育委員会)が市役所(6階)議場で開催。第3委員会の小学6年生から西尾市総務部長に対して公共施設再配置に対する提案が行われた
  • 平成26(2014)年9月1日
    大阪府泉南市(行革・財産活用室)職員2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年9月7日
    第3回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。第2回と同様、建築の視点による「SEEDLING(シードリング)で吉良地区と一色地区の未来の種(公共空間)を探そう 」をテーマに建築家の齊藤正氏がファシリテーターを務めた
  •  平成26(2014)年9月24日
     市定例記者会見で「西尾市の公共施設(ハコモノ)に関する映像シンポジウムの開催について」説明
  • 平成26(2014)年9月26日
    にしお未来まちづくり塾・中学生版として吉良中学校3年生の全生徒を対象にした公民教科の特別(ワークショップ)授業の導入授業を30分間、横須賀ふれあいセンターで開催。西尾市(資産経営課)職員が「吉良中3年生 みんなで考えてみよう! 未来の吉良中学校は こうなってほしい…」[486KB] と題し公共施設に関する基礎知識を話して、市民説明会で使用した実施計画の映像を放映
  • 平成26(2014)年9月28日
    一般社団法人西尾青年会議所主催の「きずな探検隊つなげるちから」が文化会館で開催。大ホールで開かれた「こども議会」で小学6年生から西尾市長に対して公共施設再配置の提案が行われた
  • 平成26(2014)年10月2日
    にしお未来まちづくり塾・中学生版を吉良中学校で公民教科の特別授業として開催。吉良中3年生を2クラスずつ3回にわけて、名古屋大学大学院生が考案した吉良中学校を題材にした模型を見て、未来の吉良中学校の姿についてグループで話し合い発表した
  • 平成26(2014)年10月4日
    第4回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で名古屋大学との官学連携で開講。未来まちづくりの視点による「まちの未来に貢献する公共施設を考えよう」をテーマに、名古屋大学の大学院生らが考案した吉良地区及び一色地区の再配置プロジェクトの模型を題材に進めた。ファシリテーターは慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏が務めた
  • 平成26(2014)年10月8日
    神奈川県鎌倉市議会(鎌倉みらい)2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年10月9日
    西尾市が新たなまちづくりの出発点として官民連携手法で進める公共施設再配置プロジェクト(仮称)・西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018・実施方針公表のための事前方針・追加版を公表
  • 平成26(2014)年10月15日
    福井県あわら市議会(総務文教常任委員会)議員8人、随行職員1人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年10月16日
    秋田県秋田市(総務部総務課行政管理・改革担当)職員1人と千葉県佐倉市(資産管理経営室FM推進班)職員1人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年10月18日
    第5回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を吉良支所(2階)第1会議室と一色健康センター(1階)ホールで、高校生、20代の若者、子育て世代、障がい者団体関係者などの特別ゲストを招いて、施設見学を交えて開講。ファシリテーターは慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏が務めた
  • 平成26(2014)年10月22日
    静岡県伊豆の国市議会(福祉文教委員会)議員6人、随行職員3人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年10月24日
    ・東京都府中市で開催された第5回多摩地域公共施設マネジメントセミナー(主催:多摩地域公共施設マネジメント研究会)で西尾市(資産経営課)職員2人が講演とパネルデッスカッションに参加
     ・公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会が発行する季刊誌『JFMA JOURNAL(ジャフマ ジャーナル)』No.176 2014 AUTUMN』の特集「まちづくりとしての公共FM FMの力でニッポンを変えよう!」において西尾市(資産経営課)職員による「先導的な官民連携手法によるFMの実践」と題するレポートが他の自治体の取り組みと合わせて掲載された
  • 平成26(2014)年10月29日
    宮崎県日向市議会(総務政策常任委員会)議員6人、随行職員1人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年11月1日
    「西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018」のプロジェクト07に基づき、未利用施設である「佐久島海釣りセンター管理棟」の利活用を図るため、公募プロポーザルの募集を開始
  • 平成26(2014)年11月5日
    埼玉県志木市議会(総務常任委員会)議員4人、随行職員2人が視察のため来庁
  • 平成26(2014)年11月8日
    第6回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。法律の視点による「PFI法の観点から考える官民連携まちづくり」をテーマに、弁護士の坂栄鷹子氏を講師に、NPO法人Collable代表の山田小百合氏がファシリテータを務めた
  • 平成26(2014)年11月10日
    ・一色地区町内会長連絡協議会から「西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018の内容から一色支所の跡地に市営住宅建設の項目を削除する要望書」が西尾市長に提出された。署名人数12,876人(提出者報告人数)
    ・日経BP社が発行する建築の総合情報誌『日経アーキテクチュア』No.1035の「地方創生に建築ができること」と題する特集記事の事例として西尾市の公共施設再配置の取り組みが紹介された
  • 平成26(2014)年11月16日
    第7回にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。ファイナンスの視点による「官民連携手法による再配置プロジェクトとファイナンス(資金調達) 何をするにもお金がいる!?」をテーマに、三井住友トラスト基礎研究所上席主任研究員の福島隆則氏を講師に、株式会社五星パブリックマネジメント研究所所長兼主任研究員/大阪大学CSCDまちみちコミュニケーション研究室招へい研究員  天米一志氏がファシリテータを務めた
  • 平成26(2014)年11月20日
    市議会議員を対象に公共施設再配置プロジェクトに係るPFI事業及び実施方針に関する説明会を開催。前半は「未来を魅力的に創造する官民連携(PFI手法)とは! 官民連携の効果の原理を知ること」と題してPFI制度について株式会社五星パブリックマネジメント研究所所長兼主任研究員天米一志氏が、後半は「西尾市公共施設再配置プロジェクトに関する実施方針について」と題して西尾市(資産経営課)職員が説明した。議員24人が参加
  • 平成26(2014)年11月21日
    ファシリティマネジメント(FM)及び官民連携(PPP)の先進地事例を学ぶ職員研修『にしおFM・PPPスクール』を昨年度に引き続き開催。第1講に市職員64人(他自治体含む)が受講
    ・オリエンテーション 「西尾市の公共施設再配置の動きについて」
     講師 西尾市総務部資産経営課 課長補佐 鈴木貴之
    「技術部署からの提案による計画的施設整備の取り組み 建築技師が進める武蔵野市の施設整備予算の確保手法を学ぶ」 [3402KB]  
     講師 武蔵野市財務部施設課 課長補佐 伊藤賢二氏
                     主事 岡崎佳奈氏
  • 平成26(2014)年11月29日
    西尾市の公共施設(ハコモノ)に関する映像シンポジウム「ハコモノ改革からワクワクする西尾の未来をみんなで考えよう! 新たなまちづくりの出発点のための公共施設再配置とは」を一色地域交流センターホールで開催。総合司会はCBCアナウンサー大石邦彦氏で、市民等261人、議員19人、職員106人の計386人が参加した。第1部では、映像資料「新たな官民連携手法で進める西尾市の公共施設再配置・第1部(外部サイトへリンク)」「新たな官民連携手法で進める西尾市の公共施設再配置・第2部(外部サイトへリンク)」を放映し、「にしお未来まちづくり塾」の歩みを塾生(市民)4人と吉良中学校3年生6人が発表、西尾市(資産経営課)職員が「再配置プロジェクトに関するPFI事業の実施方針の要点」について公表した。第2部では、演出家の花井裕一郎氏をコーディネーターに次のパネリストによるパネルディスカッションを開催
    パネリスト:西尾市公共施設再配置アドバイザー/名古屋大学大学院工学研究科准教授 恒川和久氏
    パネリスト:東京大学公共政策大学院客員教授 内藤伸浩氏(西尾市出身)
    パネリスト:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科・小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員 大宮透氏
    パネリスト:内閣府民間資金等活用事業推進室(PFI推進室)企画官 山田直也氏
    パネリスト:にしお未来まちづくり塾塾生代表
    ・西尾市は「新たな官民連携手法(西尾市方式)による公共施設再配置第1次プロジェクト」に関する実施方針を市ホームページで公表
  • 平成26(2014)年12月10日
    「新たな官民連携手法(西尾市方式)による公共施設再配置第1次プロジェクト」に関する実施方針企業向け説明会を市役所で開催し40社79名が参加した。西尾市(資産経営課)職員が実施方針のポイントについて、内閣府民間資金等活用事業推進室(PFI推進室)職員が㈱民間資金等活用事業推進機構について説明
  • 平成26(2014)年12月16日
    「西尾市公共施設再配置実施計画2014→2018」のプロジェクト07に基づき、「佐久島海釣りセンター管理棟」の利活用を図る企画提案を募集したところ、1事業者から応募があり、審査の結果、株式会社高須組を最優秀企画提案者として決定
  • 平成26(2014)年12月18日
    にしおFM・PPPスクール第二講開催。市職員等65人(他自治体含む)が受講
    「青森県における公共施設の総合的マネジメント」[5279KB] (資料編)[1343KB] 
     講師 青森県総務部行政経営管理課 統括主幹 駒井裕民氏
  • 平成26(2014)年12月24日
    公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(通称:JFMA)が第9回日本ファシリティマネジメント(通称:JFMA賞)受賞者を発表。「西尾市が進める先導的な官民連携手法を活用した新たなまちづくりの出発点のための公共FM戦略」が奨励賞に入賞した。JFMA賞はファシリティマネジメントに関する優れた業績及び功績のあった組織と個人をJFMAが年1回表彰しているもの
  • 平成27(2015)年1月10日
    にしお未来まちづくり塾(市民ワークショップ)で出された意見等を整理するための番外編を市役所本庁舎(5階)51会議室で開講。慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏と株式会社五星パブリックマネジメント研究所所長兼主任研究員/大阪大学CSCDまちみちコミュニケーション研究室招へい研究員 天米一志氏がファシリテータを務めた
  • 平成27(2015)年1月16日
    市議会企画総務部会で「公共施設に関する映像シンポジウム参加者アンケート結果等について」の議題で報告
  • 平成27(2015)年1月19日
    にしおFM・PPPスクール第三講として「住民主役のおもてなしのまちづくり講演会」を一般参加で開催。110人(市民等26人・議員15人・職員69人)が受講
     テーマ 「協働と交流のまちづくり・地域の再生 これまでとこれから」 [14047KB] 
     講師 長野県小布施町長 市村良三氏
     進行役 慶應義塾大学大学院SDM・小布施町ソーシャルデザインセンター主任 研究員 大宮透氏 
  • 平成27(2015)年1月21日
    名古屋市内で開催された中部PFI/PPP研究会による平成26年度第5回PFI/PPPショートセミナーで西尾市(資産経営課)職員が「西尾市が新たなまちづくりの出発点として進める公共施設再配置」と題して講演
  • 平成27(2015)年1月23日
    公共施設再配置第1次プロジェクトの実施方針に関する質疑応答集 [90KB] を公表
  • 平成27(2015)年1月25日
    一色町公民館で開催された一色二区町内会主催の公共施設再配置説明会で西尾市(資産経営課)職員が説明し質疑応答した
  • 平成27(2015)年1月29日
    神奈川県海老名市(財務部企画財政課)職員3人が視察のため来庁
  • 平成27(2015)年2月3日              
    国土交通大学校(東京都小平市)で2月2日から6日に開催された第3回PRE/FM研修会(主催:国土交通省/東京大学公共政策大学院)の研修アドバイザーとして西尾市(資産経営課)職員が参加
  • 平成27(2015)年2月5日
    ・千葉県千葉市の市町村職員中央研修所(通称:市町村アカデミー)による研修「公共施設の有効活用(大量更新への対応)2」で西尾市(資産経営課)職員が「西尾市が新たなまちづくりの出発点として進める公共施設再配置」と題して事例発表
    ・岐阜県可児市議会(企画総務委員会)7人と随行職員1人が視察のため来庁
  • 平成27(2015)年2月6日
    西尾市民吹奏楽団、西尾フィルハーモニー管弦楽団、コールしおさい、和太鼓愛好者の連名による「西尾市の音楽文化環境整備に関する要望書」が西尾市長に提出された
  • 平成27(2015)年2月9日
    千葉県習志野市(財政部資産管理室)職員2人が視察のため来庁
  • 平成27(2015)年2月10日
    「市民との交流による公共施設マネジメント」をテーマに開催された第6回名古屋大学公共施設マネジメント研究会で西尾市(資産経営課)職員が講演し、パネルディスカッションに参加
  • 平成27(2015)年2月13日
    市議会議員を対象に公共施設再配置第1次プロジェクトに係る要求水準(素案)に関する説明会を開催
  • 平成27(2015)年2月17日
    静岡市で開催された「官民連携によるまちづくり推進ワークショップin静岡(主催:国土交通省都市局)」で西尾市(資産経営課)職員2人が事例発表
  • 平成27(2015)年2月18日
    東京都で開催された「平成26年度第2回自治体等FM連絡会議」で西尾市(資産経営課)職員2人が西尾市の取り組みについて発表
  • 平成27(2015)年2月19日
    ・タワーホール船堀(東京都江戸川区)で開催中の日本ファシリティマネジメント大会(JFMA FORUM 2015)で第9回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)の授賞式が行われ、奨励賞として西尾市長(総務部長代理)が表彰された
    ・神奈川県横浜市(財政局公共施設・事業調整課)職員2人が視察のため来庁
  • 平成27(2015)年3月9日
    にしおFM・PPPスクール番外編を開催。市職員等54人(他自治体含む)が受講
    テーマ  「地域づくりは楽しい! 地域のヒーローを求めて全国を飛び回る若手官僚の元気がでる地方創生レポート」[3627KB] 
    講師 総務省内閣官房職員  井上貴至氏  
  • 平成27(2015)年3月11日
    西尾市は「新たな官民連携手法(西尾市方式)による公共施設再配置第1次プロジェクト」にかかる業務要求水準書(案)事業契約書(案)を市ホームページで公表
  • 平成27(2015)年3月19日
    日経BP社が運営するウェブサイト「新・公民連携最前線 PPPまちづくり」に西尾市長のインタビュー記事と西尾市の取組みが「西尾市が進める新しいPFI」として紹介された
  • 平成27(2015)年3月24日
    市議会全員協議会で「公共施設再配置第1次プロジェクトの要求水準書(案)等」について説明
  • 平成27(2015)年3月27日
    愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で開催された「第6回まちづくり+α講習会(主催:公益財団法人愛知県都市整備協会)」で、西尾市(資産経営課)職員が「新たな官民連携手法(西尾市方式)による公共施設再配置」と題して講義
  • 平成27(2015)年3月31日
    西尾市は「新たな官民連携手法(西尾市方式)による公共施設再配置第1次プロジェクト」をPFI法に基づく特定事業として選定し、その募集要項を市ホームページで公表

    ↑平成26年度のトップに戻る

       公共施設再配置の動きに戻る