電話回線に限りがあるため、重要な通報の妨害になり、火災などの災害を大きくする可能性があります。消防法第44条は、「火災発生の虚偽の通報をしたもの」は、社会的に多大な迷惑をかけることから罰則を設け、30万円以下の罰金または勾留と定めています。