災害にあったり、急病になったりした人を救うために善意の行動をとった場合、罪になったり損害賠償をしなければならない事態になる可能性は極めて低いです。