現地を確認しますので、取り壊した家屋の所在地と、壊した時期を税務課家屋担当までご連絡ください。
 固定資産税は、毎年1月1日 (賦課期日)現在の土地や家屋の状態によって課税されますので、壊した家屋の税金は壊した年の翌年度から、課税されなくなります。
 ただし、壊した家屋が住宅などの場合は、住宅用地に対する課税標準の特例措置の適用が無くなり、土地の税金が上がる場合があります。

  

関連リンク

家屋を取り壊したら

土地に関する減額と課税標準額の特例