固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日(賦課期日)現在において、固定資産を所有している方(所有者)に課税されます。

 また、登記されている土地・家屋の所有者とは、登記簿に所有者として登記されている者をいいます。

 今回のケースでは、所有権移転登記を済ませたのが2月ということで、1月1日現在では所有者が変わっていません。そのため、1月1日現在の登記簿上の所有者であるあなたが納税義務者であるので、書類が送付されています。

 

 なお、登記されていない家屋(未登記家屋)の所有者変更を行う場合、市役所での手続きが必要です。この場合も1月1日(賦課期日)を基準に納税義務者が判定されます。

 

関連リンク

登記されていない家屋(未登記家屋)の所有者変更