家屋の固定資産税は、3年毎に行われる評価替えの時に改定されますが、基本的には高くなることはなく、減額または据え置きとなります。
 家屋の税額が高くなった理由として考えられるのは、固定資産税の減額制度が適用されていたものが、減額期間が終了し、減額が無くなったことにより、税額が高くなったと思われます。(新築住宅の減額、耐震改修による減免等)