土地の上に一定要件を満たす住宅があると住宅用地に対する課税標準の特例が適用され、税負担が軽減されます。今回は、住宅を壊したことで、この特例措置が適用されなくなり、本来の固定資産税が課せられたためです。