固定資産税の評価上の地目は、登記上の地目に関わらず、その年の1月1日の現況の地目、利用状況に応じて評価・課税されます。