西尾市議会は、市民の代表として、その負託と信頼に応え、常に西尾市全体を考慮した大局的な視点から意思決定するとともに、身近で開かれた議会や、民意や衆知を集め行動する議会の実現を目指して、議会改革に向けた検討を次のとおり進めていきます。
[検討組織] [検討部会とその所管する検討事項] [検討方法] [方針決定された内容] [先進地への行政視察]

検討組織

【名称等】議会改革特別委員会

【設置日】平成27年9月1日

【委員】◎山田慶勝、○田中 弘、中村 健、大塚久美子、前田 修、鈴木武広、鈴木正章、髙須一弘、長谷川敏廣、小林敏秋、工藤光雄、新家喜志男

※◎は委員長、○は副委員長

※議会改革特別委員会の下部組織として、以下の検討部会を設置し、全議員がいずれかの検討部会に参画しています。検討事項は順次、協議してまいります。

このページのトップに戻る

検討部会とその所管する検討事項
  1. 議会機能改革検討部会

【部員】◎鈴木武広、○稲垣一夫、松崎隆治、松井晋一郎、稲垣正明、鈴木規子、山田慶勝、岡田隆司

※◎は部会長、○は副部会長

【所管事項】議会機能の強化に関すること

  • 議会独自の行政事務事業評価
  • 参考人や公聴会制度の積極的活用
  • 一問一答方式への統一
  • 執行部への反問権の付与
  • 閉会中の文書質問の実施
  • 地方自治法第96条第2項における議決すべき事項の制定
  • 執行部側主催の審議会等への参加禁止
  • 議会事務局の強化と活用
  • 討論制限の廃止
  • ipadの導入
  • 損害賠償請求事件の議案における住所、氏名の明示
  • その他、議会機能の強化に関すること

 

  1. 議員能力改革検討部会

【部員】◎工藤光雄、○颯田栄作、中村 健、大塚久美子、本郷照代、永山英人、石川伸一、髙野邦良、中村眞一、田中 弘

※◎は部会長、○は副部会長

【所管事項】議員能力の強化

  • 議員相互の自由討議の場の設定
  • 個別議案に関する各議員の態度や姿勢の公表
  • 自由討議における合意形成の実施
  • 政策討論会の実施
  • 政務活動費での活動の報告義務の設定
  • 議員図書室の積極的活用
  • 議員研修会の充実、実施
  • その他、議員能力の強化に関すること

 

  1. 住民参加改革検討部会

【部員】◎新家喜志男、○長谷川敏廣、大河内博之、神谷雅章、渡辺信行、前田 修、鈴木正章、髙須一弘、小林敏秋、神谷庄二

※◎は部会長、○は副部会長

【所管事項】住民参加の強化

  • 本会議や各種委員会、協議会等の原則公開
  • 住民参加型会議(一般会議)の開催
  • 議会報告会の実施
  • 議会モニター制度の実施
  • 夜間、休日開催等の傍聴者増への実践
  • 委員会主催の出前講座や報告会の実施
  • 市民アンケートの実施
  • 様々な広報手段の活用や改善を図るための広報委員会の設置
  • 子ども議会の開催
  • その他、住民参加の強化に関すること 

このページのトップに戻る

検討方法
  1. 議会改革特別委員会の下部組織である3検討部会において検討事項を確認、諮問
  2. 検討部会で各検討事項を順次、協議・検討、方針決定
  3. 議会改革特別委員会で検討部会の方針を報告、協議、方針決定

検討の流れは以下のとおりです。

西尾市議会議会改革検討の流れ(イメージ)

このページのトップに戻る

方針決定された内容

1.議会機能の強化に関すること

  • 一問一答方式への統一(平成25年10月30日議会改革検討委員会、平成25年11月26日・12月17日議会運営委員会決定)

平成26年3月定例会より、一般質問、施政方針に対する質問を一問一答方式で行う。

  • 討論制限の廃止(平成26年5月9日議会改革検討委員会、平成26年5月28日議会運営委員会決定)

    本会議における討論について、制限をしない。
  • 執行部側主催の審議会等への参加禁止(平成26年8月1日議会改革検討委員会、平成26年8月27日議会運営委員会決定)

    西尾市議会議員が委員となっている18の審議会等のうち、6審議会について委員等に就任しないこととする。
  • タブレット端末の導入(平成27年4月23日議会改革検討委員会、平成27年6月1日議会運営委員会決定)

    平成27年度は、試行的にタブレット端末を導入することとし、全員協議会、部会、会派・党代表者会議をタブレット端末が使用できる会議とする。準備が整えば、5月13日の会派・党代表者会議から試行する。
    平成27年度の試行を経て、全議員が使用することが決まれば平成28年度以降で予算要求をしていく。
     

2.議員能力の強化に関すること

  • 政務活動費での活動の報告義務の設定(平成26年1月27日議会改革検討委員会決定)

平成25年度分より、政務活動費に関する事業実績報告書等を公開する。(政務活動費による活動状況はこちらをご覧ください)

  • 委員会の視察報告の公開(平成26年1月27日議会改革検討委員会決定)

全ての委員会の公費による視察報告を公開する。(委員会の視察報告はこちらをご覧ください)

  • 議員図書室の積極的活用(平成26年5月9日議会改革検討委員会)

    地方自治法第100条第19項及び第20項の規定に基づき、議会における審議の形骸化や、執行機関の追認機関化を防ぐため、執行機関とは異なる見地から独立した情報源をもち、条例制定や行政監視力の向上を図ることを目的とし、利用しやすい議員図書室を整備するとともに、議員の図書室を利用する力を養う。
  • 個別議案に関する各議員の態度や姿勢の公表(平成26年5月9日議会改革検討委員会、平成26年5月28日議会運営委員会決定)

    本会議に提出された議案、請願、陳情の賛否について、会派・議員個人名を明示して議会だより(賛否が分かれたもの)、ホームページ(全ての議案等)に掲載する。 (各議員の表決態度はこちらをご覧ください)
  • 議員図書室の積極的活用(平成26年8月1日議会改革検討委員会、平成26年8月27日議会運営委員会決定)

    議員図書室の積極的な活用に向けた利用しやすい図書室の整備のために、その管理や運営について、一定のルールとして「西尾市議会図書室規程」を制定する。(平成26年9月1日より施行)

   ○議員図書室は議員、市職員以外に、一般の市民の方もご利用になれます。

  • 議員研修会の充実、実施(平成26年10月29日議会改革検討委員会、平成26年11月25日議会運営委員会決定)

    各議員が、個人の資質・能力の向上を図り、多様な市民の意見を確実に市政に反映させるため、議員研修会を実施し、充実を図る。
    また、より研修効果を高め、議会全体の資質・機能向上を図るため、研修内容を発表し、情報共有及び意見交換する場を設定する。
  • 政策討論会の実施(平成27年4月23日議会改革検討委員会 平成27年6月1日議会運営委員会決定)

議員は、市内各地域が抱える様々な課題について、単に、その声 を行政に届けるパイプ役にとどまることなく、常に市民の代表者としての視点から、市内全域を考慮し、 議員間での十分な討議を経て、議会としての1つの意思を集約し、政策として反映させることを目指す。
なお、その方策については、西尾市の状況に合わせ、段階的に実施するものとする。

3.住民参加の強化に関すること

  • 本会議や各種委員会、協議会等の原則公開(平成26年1月27日議会改革検討委員会、平成26年2月21日議会運営委員会決定)

法定会議を原則公開とし、次の会議の傍聴を可能とする。(傍聴についてはこちらをご覧ください。)

本会議、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会、全員協議会、部会

本会議、常任委員会、特別委員会の会議録、議会運営委員会、全員協議会、部会の会議録(別サイトへリンク)

  今後も、検討状況や方針決定された内容は、適宜お知らせしてまいります。

 このページのトップに戻る

先進地への行政視察

西尾市議会が議会改革を進めるにあたり、今後の協議、検討の参考とするため、先進的な取り組みを実施している市議会への行政視察を実施しました。

平成26年度

日にち 視察先 参加者 視察内容 報告書
平成26年7月25日

愛知県

犬山市議会

全議員

犬山市議会における

議会基本条例制定前後の状況について

報告書(愛知県犬山市).pdf [8523KB pdfファイル] 
平成26年10月8日

三重県

四日市市議会

住民参加改革検討

部会部員10人

四日市市議会における議会改革の取り組みについて 報告書(三重県四日市市) [718KB pdfファイル]
平成26年10月10日

滋賀県

大津市議会

議員能力改革検討

部会部員10人

政策検討会議をはじめ大津市議会の

議会改革の取り組みについて

報告書(滋賀県大津市).pdf [1654KB pdfファイル] 

 

平成25年度

日にち 視察先 参加者 視察内容 報告書
平成26年1月29日

三重県

松阪市議会

全議員

松阪市議会における

議会改革の取り組みについて

報告書(三重県松阪市).pdf [381KB pdfファイル] 

  このページのトップに戻る