市長が職員に向けて月に一度メッセージを発信していますので、その内容を掲載します。

 

平成31年2月4日(月曜日) 

みなさん、おはようございます。
市長の中村健です。

昨年4月、西尾市を拠点に活動する女子バレーボールチームである、デンソーエアリービーズとホームタウンパートナー協定を締結しました。

「エアリービーズ」は、「快活なミツバチたち」を意味し、「蜂のように速く鋭い攻撃で、日本バレー界の女王を目指す」という意味も込められています。

そして、2018/19シーズンでは、VリーグDivision1の東カンファレンスにおいて、現在3位を快走中、2月16日(土曜日)と17日(日曜日い)には、西尾市総合体育館での試合が組まれています。

私自身、昨年度はじめて生の試合を観戦しましたが、臨場感はテレビとは比べ物になりません。

部活動などで選手としてバレーボールを経験していなくても、十分楽しめますし、地元チームの応援ということで、知らず知らずのうちに熱も入ってきます。

まだ試合のチケットも購入可能のようですので、ぜひ一度生で観戦してもらいたいと思います。

また、日頃からデンソーエアリービーズの積極的な広報活動をしていくことも、西尾市としての重要な役割です。

今年度、エアリービーズのPR看板を総合体育館に設置したり、PRうちわを作成して各施設やイベント等で配布したほか、PRポロシャツをつくり、多くの職員のみなさんにも職場で着用してもらいました。

ありがとうございました。

来年度は、PRフラッグを市役所駐車場内に設置してまいります。

民間とも協力・連携しながら、今後も積極的なPR活動を展開していきますので、みなさんも、一人ひとりがPRマンとして、エアリービーズを応援する機運の盛り上げに一役買っていただきますようお願いします。

西尾市には、エアリービーズがある。
 

 

 

 

 

 

過去の館内放送